英語が読めないと意味が無い

まじめに勉強中です

 英語の勉強をするためには次の4項目が重要だと考えています。逆に言えばこれらが平等に進めばその内英語が自然に理解できるようになるはずで、実際英語の勉強を始めて、現時点で3ヶ月だけですが、邦画の吹き替えなしのDVDなどを見ていて時々何を話しているのか理解できるまでになりました。

  1. 英文が読めるようにならないといけない。
  2. 英文が書けなければ意味が無い。
  3. 英語が聞き取れないと意味が無い。
  4. 英語で話せないと勉強をする甲斐がない。
外国語の教材を活用して勉強中です。その証拠写真

 もちろん分る範囲はごく狭い範囲に限定されていて例えば挨拶であったり、あるいは決まりきった会話であったりします。ですが自分自身で英語に対する興味が随分変ってきていますし、妻も私の発音を聞いて「だいぶそれらしく聞こえるようになった」と持ち上げてくれます。

 ところで英語の勉強を始める前は「英語を理解する為には英文を聞いたり、英文を読んだ時に、日本語として理解できなければ駄目だろう」と考えていました。ところがこれって重大な間違いだと気付きました。

英語は英語であり日本語ではない

Ight come and sleep in mine until Charlie comes in. "Alice, you are selfish,"retorted Ethel. "I shall barely be in bed before he walks in.The only thing for me is to go to bed in your room in my evening dress."

 例えば上記のような文章(この文章はスパムメールとして送られてきたものです)が有るとします。以前の私であれば、この文章を先に日本語として理解しようと考えていたんです。ですが英語の勉強を始めてすぐに気付いたのが「書かれているのは英語だから英語として理解すべき」だと言う事です。英語は英語であって日本語ではないのです。

 ですので、まず上記のような英語を読むときには英語として理解しなければならないのです。このあたり英語が読めないと意味が無い訳で、これをさらに深く追求すると、英語で話している人たちがいるとします。その人たちはそれらの英語を日本語として理解しようとはしません。英語は英語ですので英語として理解すればよい訳で、だからいちいち日本語として理解する必要はまったく無いのです。

 実を言えばこの事に気付いてから学習のスピードが変りました。それまではまず、学習教材を日本語として理解しようと考えていた為、訳さないと先に進まないのです。ところが英語として理解するようにしてからはどんどん先に進む訳で結果として学習が進み、効率よい教材の活用になっているんですね。

 ブログ版家出のドリッピー|イングリッシュ・アドベンチャーをご覧下さい。ただいま47歳!! 中年親父が生涯で初めて真剣な気持ちで英語の勉強にトライしております。

勝手にコラム……読んでも為にならない?

 サイト内にコラムがあっても良いじゃろう、と言う訳で、英語の教材を買って実際に聞いているとテキストとは違う単語を話しているように聞こえる。もちろん全てではなくて、時々違っているような。私の聞き違いかな? なんて思ったのですけど「何回聞いても確かに違う」どうして?

 良く考えるとテレビキャスターであっても言い間違える事はあるよね。それと同じで英語の教材とは言え間違って言っている可能性は大!! あまり気にする必要は無い。と言うよりも英語って結構適当に話しているのが本当らしい。実際私も聞き取れない単語があっても前後の意味から勝手に推測できるようになったよ。

 このあたりが日本語と英語の違いなんだろうね。基本的に日本語は会話として何を話すか「頭の中で整理し、ひとつにまとめてから話し始めます」ところが英語の場合「まず最初の一言を言ってから、その次を考え」て会話を成立させます。この辺りを知識と知っておくと随分違います。

――――Copyright-Takumushobou-All Rights Reserved――――
サイト内で公開している文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製、再配布等は著作権法で禁止されています。

英語の勉強-拓夢書房・ロゴ画像